江原ランドは2ヶ月の閉鎖後に再開

15.02.2021 12:31
487 views

韓国で唯一地元住民向けのカジノである江原ランドは、2か月近く閉鎖された後、再びオープンしました。 カジノホールは限られた容量で運営され、1200人以下を収容します。

2020年の間に、機関は数回閉鎖されました。 最初の閉鎖は2月23日から7月20日まで、2回目は8月21日から10月12日まで行われました。 そして、最新の一時的な閉鎖は、韓国がCOVID-19の症例数の増加に対して国の警戒レベルを引き上げた、2020年12月8日に発表されました。 閉鎖はさらに数回延長され、最終日は2月14日に設定されました。

江原ランドは従業員の約半数を強制休暇で派遣しなければならなかった。 Resportsは、元々は無給休暇だったと推測しているが、後に同社は月給の70%を「緊急生計支援」として従業員に提供する低賃金の形態に合意した。 減額制は2月1日まで有効とされていたが、閉鎖延長に伴い継続されている。

一時閉鎖期間中、韓国文化体育観光部は、カジノを運営するためのライセンスを、2021年1月1日から2023年12月31日までのさらに3年間延長しました。 ライセンスは前のものと同じ条件で動作します:カジノは1日20時間動作し、ゲームフロアには180のゲームテーブルがあります(そのうちの7つはデジタルです)。 ライセンスはまたカジノが169のスロットマシンと1,191の他の電子ゲームを持つことを可能にします。